1.内容を決める

セミ01ノート

まず、大まかに次のようなことを書き出してみましょう。

 ① テーマ(何を伝えたいのか)

 ② ターゲット(誰に伝えたいのか)

 ③ 講師の強み(肩書き、経験など)

 ④ セミナーの裏づけ(○年の開業経験から、○人の患者さんの長期症例を元に、など)

 ⑤ 参加者にとってのメリット

 ⑥ 形式(講義、実習、ワークショップなど)

 ⑦ タイトル(①~⑥の中から、価値があるキーワードをピックアップして考える)

 ⑧ 所要時間

 ⑨ 参加費

 ⑩ 大まかな開催時期

 ⑪ 定員

 ⑫ 問い合わせや参加費を管理する主体

 

一度に考えなくても、

思いついたときに、思いついた項目を入れていくといいですね。

以下のポイントも参考にしてみてください。

 

▽ POINT

 ◎ 歯科雑誌などに掲載されている、セミナー広告が参考になる

 ◎ ターゲットは「矯正医」「新人歯科衛生士」など、なるべく絞り込んだほうがよい

 ◎ タイトルは、ネットなどで検索されることを意識して、キーワードを明確に

 ◎ 日程は、広く参加を呼びかけるなら、3カ月以上先が現実的。

 ◎ 同じ内容を複数の日程で開催するのもおすすめ。

  「日程の問題で参加できない」という声も予想以上に多いため

 

〔「セミナーを開きたい!!」人のための初級講座 TOPに戻る〕

 

日本歯科新聞社 水野麻由子

制作局マネジャー/アポロニア21副編集長/一般社団法人日本声診断協会音声心理士

広告

1.内容を決める」への1件のフィードバック

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中